おすすめコーデ:フライトジャケットをガーリッシュに着こなす
スタイル朝鮮/朝鮮日報日本語版 | 2015/12/18 09:49
  •  フライトジャケットはそでや裾の部分がゴムになっており、スポーティーな印象のアウター。軍服として活用されていただけに、マニッシュかつヴィンテージなオシャレを楽しめるのが特徴だ。
  • 写真提供:1HUM 2CLIP 3、4arnold palmer 5、6TOIS ROIS by JUEM 7St. Scott
    ▲ 写真提供:1HUM 2CLIP 3、4arnold palmer 5、6TOIS ROIS by JUEM 7St. Scott
     そんなフライトジャケットは、タートルネックセーターやブラウスを着て、ミニスカートを履けば、軍用ジャンパーながらガーリッシュなコーディネートが可能。さらに、バッグや靴は楽で実用性の高いトートバッグ、スリッポンがおすすめだ。

     このとき最も重要なのは、ポイントとなるジュエリー。ブラウスとフライトジャンパーを合わせたときはチョーカーを、タートルネックを着たときはペンダントを身に着けてみよう。映画『レオン』のマチルダ(ナタリー・ポートマン)を思わせるガーリッシュルックが完成するはずだ。

話題のニュース