専門家がオススメ! 韓国で映画のような結婚式ができる場所
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 パク・クンヒ記者 | 2017/07/03 10:17
  • ◆PLUSJUNスタジオ弘大店(ソウル市麻浦区)

     2階建て住宅を改装した、白いれんが造りのレンタルスタジオ。緑いっぱいの庭園(595平方メートル)があり、温かい雰囲気の中でガーデンウエディングが可能。夜の式の場合は、庭園が灯りに照らされ、ロマンチックな雰囲気になる。料理はケータリングサービスを利用。

    ◆相生場(ソウル市東大門区)

     青果卸売市場内にある複合文化空間。時間が止まったような雰囲気を漂わせており、雑誌のグラビアや「フリーウエディング」の撮影場所として人気。フードコート形式に飲食店が入店しており、ケータリングサービス可能。準備した料理が足りない場合には、隣の市場ですぐ買い物をして対処することができる。ウエディング空間としてはややもの寂しいかもしれないので、生花を飾るなど、デコレーションが必須。近くの有料駐車場を利用するとよい。

    ◆Market O道谷店(ソウル市江南区)

     建物3階にある空間(661平方メートル)を好きなように飾り、使用することができる。6時間にわたり、余裕を持って結婚式ができるのも長所。基本レンタル料は100万ウォン(約10万円)だが、予約時に食事が必要な招待客が200人以上いる場合、無料で借りることができる。食材は直営農場から供給され、新鮮だという。予約人数以上の人が訪れた場合には、2階のMarket O売り場で食事可能。結婚式の食事代は1人当たり5万5000ウォン(約5500円)、6万6000ウォン(約6600円)、7万7000ウォン(約7700円)の3パターン。

  • 専門家がオススメ! 韓国で映画のような結婚式ができる場所
    ◆ガナアートセンター(ソウル市鍾路区)

     美術館の内部や野外ステージで、最大およそ120人を収容し、結婚式が可能。ハウスコンサート形式の「公演ウエディング」をするのにもピッタリ。食事はガナアートセンター1階にあるレストランが引き受ける。

    ◆ウォーカーヒル・ホテル(ソウル市広津区)

     野外キャンピングゾーンを活用した異色のウエディング。キャンプ場に来たような雰囲気が漂う「ウェルカムゾーン」、落ち着いた雰囲気の「レセプションゾーン」と「セレモニーゾーン」、披露宴で映画を上映したりキャンプファイヤーをしながらロマンチックな気分が味わえる「アフターパーティーソーン」で構成されている。結婚式の食事はバーベキュービュッフェ形式で提供される。

    ◆斗佳軒(ソウル市鍾路区)

     素朴な韓屋(韓国の伝統家屋)の庭で小ぢんまりとした結婚式を挙げることができる。美しい花を飾れば、韓屋がロマンチックな空間に生まれ変わる。

    ◆ムムペンション(仁川市江華郡)

     江華島にあるペンションで、家庭的な雰囲気の小ぢんまりとした結婚式を挙げたい人たちにオススメ。60人まで収容可能。長い時間かけて真心込めて整えられた空間(6600平方メートル)で、映画に出てくるような結婚式を挙げることができる。欧州のアンティーク風小物や装飾品、庭園を彩る野花が結婚式を華やかにしてくれる。

話題のニュース