ホーム > トラベル

「安東焼酎に酔いしれて…」 伝統酒ソムリエと楽しむ旅

  •  伝統酒物語旅行「スルスルトレイン」は、文化体育観光部(省に相当)と韓国観光公社が主管する「2018年大韓民国テーマ旅行10選」に選ばれた「ソンビ(学者)物語旅行」をテーマに、安東・栄州地域の伝統とソンビ文化が染み込んだオーダーメード汽車旅行商品だ。物語がすらすら進み、伝統酒がどんどんのどを通り、自分だけの伝統酒の瓶に酒を入れるという意味が込められている。

  •  4月28日に日帰りで実施された「スルスルトレイン」は、まず国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産に登録された安東・河回村に立ち寄り、韓国の美と伝統を感じながら、暖かい春を満喫した。次に慶尚北道を代表する伝統酒「安東焼酎」醸造所を見学し、安東焼酎の名人から直接話を聞いた。

     安東焼酎名家の25代目パク・チェソ名人から安東焼酎について詳しい話を聞き、醸造所の見学や安東焼酎の試飲、展示館の観覧をした。パク・チェソ名人の名人安東焼酎醸造所は農林畜産食品部から「訪ねる醸造場」に指定されるなど、誰でも醸造所を訪れ自由に見学・体験し、安東焼酎を試飲・購入できる特別な場所だ、そのほか世界遺産に登録された河回村を経て、昔の田舎の姿がそのまま残っている安東民俗村や文化観光団地ツアーを実施。
  •  ソウルと安東を結ぶ列車内では特別な体験が企画された。韓国最高の伝統酒専門家である「伝統酒ソムリエ」が安東焼酎をはじめ伝統酒や酒に関する面白い話を聞かせてくれ、試飲会も開催。この日は特別に韓国を代表する伝統酒ソムリエのシン・ヘヨンをはじめ、伝統酒広報大使のソ・ジョンヒョン(バーテンダー)、ワインアドバイザーのファン・ジュヨン、ロイヤル&カンパニーの首席ソムリエであるユ・サンソンが参加し、高レベルで多彩なプログラムが実施された。

     なお、「スルスルトレイン」に関する詳しい情報は、KORAIL観光開発のホームページでチェックすることができる。
アン・ビョンス記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース