ホーム > トラベル

34年ぶりに開放、ソウル大公園の散策路を歩こう!

  •  ソウル大公園が事故を懸念し、1984年のオープン以来、利用を制限していた清渓貯水池のトゥクパンギル0.6キロメートルを34年ぶりに市民に開放した。

     この道は「清渓貯水池見晴らしのよい道」と名付けられ、誰でも気軽に歩けるよう、散策路にヤシマットが敷かれている。

     「清渓貯水池見晴らしのよい道」は、自然景観が美しい清渓山、冠岳山を眺めることができる、眺望のよい道だ。特に、散策路周辺にはメタセコイア、旬の花、ソウル大公園でしか見られないぞうさん列車の道などがあり、見どころ満載だ。

     今回開放された区間は、湖畔の散策路(2.7キロメートル)の一部。これまで利用できていた1.4キロメートルの区間に0.6キロメートル追加され、計2キロメートルに延びた。ソウル大公園は今後、動物園内のテーマガーデンの湖畔区間0.7キロも散策路として整備し、市民が自由に利用できるようにする方針だという。

     ソウル大公園には今回開放された湖畔の散策路以外にも、ソウル市が選定した紅葉が美しい道である「動物園の散策路」、ソウル大公園を代表する散策路の「山林浴場の道」などがある。各道ごとに距離や風景、特徴が異なり、市民がそれぞれ好みに合わせて歩くことができる。

    【ソウル大公園の散策路3カ所】

    ◆湖畔の散策路
  •  湖畔の散策路は2.7キロメートルで、清渓貯水池を1周するコースだ。中間に湖を眺めながら休憩することができる野外テーブルがあり、しばらく休んでいくのもよい。

    ◆動物園の散策路

     動物園の散策路は4.5キロメートルあり、動物園の入り口からオシドリ橋を経て、動物病院の建物をまわって北門まで続く外郭循環道だ。動物園に入園した人なら誰でも利用できる。春にはソメイヨシノが咲き、夏にはケヤキが茂り、特に秋に最も人気があるこの道は、ソウル市が紅葉の美しい道に選定したコースだ。

    ◆山林浴場の道

     山林浴場の道は8キロメートルで、ソウル大公園を代表する山道だ。傾斜が緩やかで森が美しく、散策や運動をする市民たちに人気の高いコースだ。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース