ホーム > 気になるデータ

気になるデータ:暇だったり休暇を取得するとき、罪悪感を感じる理由は?

  •  サラリーマン10人のうち7人以上が「一日24時間では足りない」と感じたことがあることが分かり、多くのサラリーマンが「タイムプア」として生きているという結果が出た。また、サラリーマンの平均労働時間は一日8.7時間、睡眠時間は6.1時間で、「スリーププア」でもあることが分かった。仕事と余暇のバランスを追求する「ウォラベル(work-life balanceの韓国語読みの略)」ブームが続いているものの、常に時間に追われているサラリーマンの現実を見てみよう。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース