ホーム > トラベル

月明かりの下で散策、ソウルの夜景スポット3選

  •  ソウル市は木陰が多くさわやかな「ソウル夏のノグムキル」を選定し、紹介した。これらはソウル市内にある公園、路地、川辺、マンションの抜け道など、葉が生い茂った木々に囲まれ、涼しげな木陰のある場所を中心に選ばれ、計219カ所、総延長225キロメートルに達する。

     このうち、夏の夜に月明かりの下で都会の夜景を楽しむのにピッタリの道3カ所を紹介しよう。

    ソウルで夜景を見るのにピッタリの道

    ◆南山公園南側環状道路

  •  南山公園南側の環状道路には大きな桜の木のトンネルがあり、都会の真ん中にいながら、まるで森の中にやって来たような風景を楽しめる。南側環状道路を通ってNソウルタワーに上がると、美しい夜景が広がる市内を一望できる。

    ◆北岳散策路

  •  北岳散策路はケヤキやメタセコイアなど美しい木々が生い茂り、ドライブコースとしてもよく知られている。北岳散策路では、木々の間を吹き抜けるさわやかな風を受けながら、美しい夜景を楽しめる。孝子路、洗剣亭交差点をスタートし、北岳散策路を通って八角亭に行くことができ、八角亭は高い場所にあるため平地に比べ気温が1、2度低く、真夏の夜に出掛けるのにピッタリの場所だ。

    ◆石村湖

  •  石村湖の東湖、西湖をめぐる散策路を歩くと、蚕室タワーの壮大な姿を目にすることができ、胸がスカッとする。湖から吹いてくる涼しげな風を浴びながら華やかな都会の夜景を眺めるのも、避暑の楽しみの一つだ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース