ホーム > スゴ技の達人

驚きのスゴ技:12インチフィギュアの顔、リアルな塗装で生々しい!

  •  「くまくま」というニックネームを持つ作家パク・チュンウさんは、12インチ(1/6スケール)フィギュアの顔を塗装するペインターだ。2012年から今までに手掛けた顔は3000個以上だという。

  •  「塗装しながら、どんな部分に最も神経を使っているのか」という質問に、パクさんは「強烈な印象を与えるため、目の位置を最も重要視している」と答えた。軍を除隊後、フィギュアの会社に入り、塗装を学んだが「まだ本当の作品と言うには物足りない」と言うパクさん。

  •  パクさんの趣味の変化も本当に面白い。小学校のとき、何気なく作ったミリタリーフィギュアがコンテストで入賞したことで、パクさんの人生が変わった。それから20年、機動戦士ガンダム 、自動車、アニメーションのキャラクターなど、パクさんはさまざまなジャンルの模型を手掛けてきた。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
スゴ技の達人の最新ニュース