初秋の情緒を感じよう! オススメの国立公園5カ所はココ

  •  今年の秋夕(中秋節、今年は9月24日)連休には帰省するだけでなく、家族と一緒に国立公園を訪れてみてはいかがだろう。国立公園管理公団が散策にピッタリの道や地域を代表するグルメなど、総合的な情報を基に、家族連れにオススメの国立公園探訪の名所5カ所を選定した。

    【国立公園、秋の名所】

    ◆月岳山国立公園
  •  月岳山の亀潭峰・玉筍峰は、奇岩絶壁の岩の形や白い岩峰が亀や筍に似ていることから名づけられた場所で、雄大な二つの峰の間に広がる秋の景色を、山歩きしたり、清風湖で遊覧船に乗りながら鑑賞することができる。

    ◆周王山国立公園
  •  周王山のチョルゴル渓谷は、静かに秋の山歩きを楽しめる場所で、屏風を広げたような美しい景色が目を引く。周王山を代表する景色の一つ、注山池で深まる秋を満喫するのもよい。

    ◆内蔵山国立公園

  •  内蔵山は紅葉だけでなく、緑の気が感じられるうっそうとしたカヤの森も有名だ。双渓楼の楼亭の美しい景色を眺めたり、カヤの森を歩くと、秋の訪れを感じることができる。

    ◆慶州国立公園
  •  慶州・三陵ギルは、松林を歩いていくと、新羅千年の古都の歴史や文化に出会うことができ、王が訪れた月浄橋や皇理団通りもあわせて探訪するとよい。


    ◆月出山国立公園
  •  「湖南(全羅道)の小金剛」として知られる月出山キチャン(気に満ちたの意)山道は、その名の通り、よい気を感じながら歩く、快適な健康の道で、近くの王仁博士遺跡エリアで歴史文化探訪も体験できる。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース