気になるデータ:外国人が食べてみたい「異色の韓国料理」1位は?

  •  外国人が最も食べてみたいと思う、異色の韓国料理1位はサンナクチ(テナガダコの踊り食い)だった。

     韓国観光公社は11月23日から29日にかけて、自社のフェイスブック、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」など海外のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)会員を対象にアンケート調査を実施した結果を発表。

     テナガダコの踊り食いが26%で最も多く、カンジャンケジャン(ワタリガニのしょう油漬け)が14.6%、スンデ(豚の腸詰め)が14.2%、エイが10.3%、ユッケが7.7%、チョングクチャン(発酵させた大豆のペーストを使った納豆汁に似た韓国料理)が6.7%で後に続いた。

     言語圏別に見ると、英語圏の回答者はカンジャンケジャン(18.0%)、サンナクチ(16.7%)を食べてみたいという答えが多かった。日本語圏ではエイ(23.5%)とスンデ(17.3%)という回答が多く、中国語圏ではサンナクチやカンジャンケジャン、スンデに対する関心が高いなど、それぞれ韓国料理の好みが異なることが分かった。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース