ビックリ! 注南貯水池に天然記念物のコウノトリ4羽が飛来

  •  慶尚南道昌原市の注南貯水池にコウノトリ4羽がやって来た。慶尚南道は1月17日、「最近、渡り鳥の飛来地である注南貯水池にコウノトリ4羽が飛んできて越冬中だということが確認された」と発表。

  •  コウノトリは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに分類されている国際保護鳥だ。韓国でも天然記念物第199号、絶滅危機野生動植物Ⅰ級などに指定され、保護されている貴重な冬鳥だ。地球上におよそ2500羽しかいないと言われている。

     慶尚南道では「注南貯水池にやって来たコウノトリは昨年12月11日に金海市の花浦川を訪れ越冬していたが、こちらに移ってきた個体。これまでまれに1、2羽のコウノトリが注南貯水池にやって来たことはあるが、野生のコウノトリ4羽が一度に飛んできたケースは初めて」と語った。
パク・チュヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース