ソウル市内で搭乗手続きから出国審査まで! 都心空港が便利

  •  旧正月や秋夕(中秋節)などの名節連休を海外で過ごす人が増えているのを受け、2019年の旧正月連休には仁川国際空港に過去最多の旅行客が押し寄せるものと予想されている。3日以上休むことができる今年初の連休だけに、楽に旅行したかったら、韓国都心空港や都心空港リムジンを利用して出国するのはいかがだろう。

    ◆都心空港

  •  空港が混雑すると搭乗手続き、荷物の発送だけでなく、出国審査や保安検査でも列に並んで待たなければならない。しかし、スターフィールドCOEXモールに併設する都心空港を活用すれば、およそ10分で出国手続きが可能。都心空港で前もって搭乗手続きや出国審査を完了すれば、仁川国際空港で別途手続きを経ることなく、出国ロビー脇の専用出国通路(外交官、乗務員専用の出国通路)を通じて保安検査を受け、すぐに出国審査台を通過することができる。おかげで免税店やラウンジを利用する時間をより長く確保することができるし、荷物を預けてから移動するため、楽に動くことができるという長所もある。

     アクセスがよく、ソウル・京畿道エリア居住者たちは手軽に利用できる。地下鉄2号線三成駅と9号線奉恩寺駅から徒歩5-10分のところにある都心空港は、地下鉄の出口と連結されており、韓国最大規模のショッピングモールであるCOEXモールを通じて楽に移動することができる。

    ◆都心空港リムジン

  •  出国審査と搭乗手続きを終えた後、都心空港リムジンを利用すれば、簡単に仁川国際空港まで移動可能。都心空港から仁川国際空港までノンストップで運行しており、第1ターミナルと第2ターミナルどちらにも停車し、利用者の便宜を図っている。始発は4時10分発で、飛行機の出発時間が早くても仁川国際空港まで余裕を持って移動することができ、10-25分おきに運行している。また、都心空港は中浪、水落に続き、最近はソウル江北エリアから仁川国際空港に直行するリムジン路線を新設し、さらに便宜を図っている。

    ◆ワンストップ出国サービス

     都心空港では航空会社16社のチェックインサービスが受けられる。搭乗手続きが可能な航空会社は大韓航空、アシアナ航空、チェジュ航空、イースター航空、ジンエアーなど韓国の航空会社5社をはじめ、KLM、デルタ航空、ユナイテッド航空、エアフランス、カタール航空など海外の航空会社11社で、2018年10月以降、大韓航空の航空機が運航する共同運航便の搭乗手続きも可能になった。都心空港は今後、利用できる航空会社を追加し、サービス提供の範囲を順次拡大していく方針だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース