韓国祭りコンテンツ大賞に「海雲台砂祭り」、昨年200万人訪問

  •  釜山市内で開催される「海雲台砂祭り」が全国一の「祭りコンテンツ」として認められた。

  • 写真=NEWSIS
    ▲ 写真=NEWSIS
     釜山市海雲台区が2月25日、「最近、ソウル市内の白凡・金九(キム・グ)記念館で開催された韓国祭りコンテンツ協会による『2019大韓民国祭りコンテンツ大賞』で大賞を受賞した」と発表。この賞は、毎年全国およそ2000の祭りを対象に審査し、選ばれた6部門・30余りの祭りに与えられるもの。海雲台区は「わが区の砂祭りは5年連続で賞を手にしてきたが、大賞を受賞したのは初めて」とコメント。

     海雲台砂祭りは砂をテーマにした韓国唯一のエコ祭りで、今年で15回目を迎える。海雲台区は「昨年の砂祭りには国内外から観光客200万人が訪れ、およそ1000億ウォン(約100億円)の地域経済波及効果を得たと推算される」と説明。今年の砂祭りは5月24日から27日まで四日間にわたり開催される。
パク・チュヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース