幸せのエネルギーを伝える展示会、春のソウルで開催

  •  本を通じて幸せと肯定的なエネルギーを伝えてきた出版社・幸福エナジー(代表クォン・ソンボク)が「春・自然・香り・光復」というテーマで展示会を開催する。
  •  3月20日から26日までは韓国を代表する画家10人の特別企画展、招待展が行われる。この企画展では、春を迎え、自然の香りをキャンバスに描いた作品を目にすることができる。画家アン・ナムスク、キム・スンヨン、パク・ユクチョル、オ・ボクトン、パク・ヨンギルらの作品50点をはじめ、カン・ソクチン、ソ・ボンナム、チョン・ドゥジン、キム・ソンジン、ホン・ジュンピョらの超大作15点が展示される。

     また、3月27日から4月2日にかけては螺鈿漆器の名匠キム・ヨンジュンの作品20点が特別に展示される。特別展ではキム・ヨンジュンの作品だけでなく、画家パク・チャンロ、キム・ヒョンジョン、チョン・ヘソン、アン・スンジュン、キム・ジアナ、ナム・ジョンイェ、イ・モクウル、ウン・ソヨン、オ・スヨン、シム・ソウォンら10人の作品35点も展示される予定。

     何より今回の展示では、米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長が依頼したXbox、教皇フランシスコのいすを手掛けた世界的な名匠であるキム・ヨンジュンの作品を久しぶりに見ることができる。

  •  今回の展示を企画したクォン・ソンボク代表は「芸術作品を通じ、幸せのエネルギーを広める初の試み。韓国を代表する画家や力のある新進画家の作品を一緒に楽しめる、いい機会になるだろう」と語った。

     伝統的な螺鈿漆器に現代の感性を加え、独特な作品世界を構築しているキム・ヨンジュンをはじめ20人余りの芸術家たちが伝える幸せのエネルギーを感じることができる今回の展示は、3月20日から4月2日まで、ソウル市鍾路区の耕仁美術館第1展示室で開催される予定だ。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース