スーツにエプロン!? チャン・グァンヒョのおいしいファッションショー

  •  3月20日から24日までソウル市内の東大門デザインプラザで開催の2019年秋冬ソウル・ファッションウィークで、デザイナーのチャン・グァンヒョによる「CARUSO」ファッションショーが開かれた。

     チャン・グァンヒョは1987年に「CARUSO」を発表し、32年間にわたりワンシーズンも休むことなく、ファッションショーを開催してきた。毎シーズン、トレンドに流されることなく自分の哲学や歴史、伝統への関心を込めた衣装を披露。

  •  今シーズン、チャン・グァンヒョはシェフに変身した。ランウェイという大きな器に「Grade Piatto(イタリア語で大きな皿の意)」というテーマでおいしいファッションショーを表現。まるでチャン・グァンヒョのあらゆるデザインレシピを盛り込んだフルコースディナーを味わうかのような、さまざまな見どころ盛りだくさんだった。

  •  俳優ソンフンがランウェイに登場して始まったファッションショーでは、クラシカルなスーツ、オーバーサイズのスーツ、スリムなスーツなど、さまざまなシルエットのスーツが目についた。さらにスカートや丈の長いドレスシャツのレイヤリングが続いた。ショーが進むにつれ、大胆なデザインが登場。アシンメトリーデザインが目を引くコートや鮮やかなカラーのカジュアルルック、身幅が広いトレンチコートやワイドパンツなど、性別やサイズの境界を崩したアイテムが目を引いた。

     ファッションショーの最後には、今回のショーのテーマが盛り込まれたエプロンシリーズが登場。モデルたちは器や白菜、ニンニク、ナス、テーブルクロスなど、食堂を連想させるグラフィックが描かれたエプロンをショーツやズボンの上に身に着けていた。芸術的な年輪、ユーモアが感じられる晩さんとして記憶されることだろう。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
ファッションの最新ニュース