気になるデータ:世界幸福度1位はフィンランド、韓国は?

  •  国連が3月20日に発表した2019年の世界幸福度ランキングでフィンランドが1位になった。最下位は南スーダンだった。

     同ランキングによると、フィンランドは前年に続き2年連続の1位。以下、デンマーク、ノルウェー、アイスランドなど北欧諸国が上位にランクインした。

     韓国は156カ国・地域のうち54位。そのほか主要国家のランキングを見ると、英国が15位、ドイツが17位、米国が19位、フランスが24位、イタリアが36位、日本は58位だった。アジアでは台湾が25位、シンガポールが34位、タイが52位で、韓国よりも上位にランクインした。

     一方、幸福度が最も低かったのは南スーダンで156位、中央アフリカ共和国が155位だった。そのほかアフガニスタン、タンザニア、ルワンダ、イエメン、マラウイ、シリア、ボツワナ、ハイチなどが下位にランクインした。

キム・ギョンヒ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース