韓服だけじゃない! 王宮にモダンガール現る

  •  大学生のパク・イェジンさん(25)は4月3日、友人たちと一緒にソウル市鍾路区益善洞の衣装レンタルショップを訪れた。1800年代後半から1900年代前半にオシャレな人たちが着ていたスタイルの衣装を貸し出す「開化期ファッション」レンタルショップだ。パクさんはここで、前面にたくさんのボタンが並んだ赤いワンピース、レースの飾りが付いた帽子、レースの手袋、日傘を借りた。友人たちもそれぞれ紫やピンクのワンピースに着替え、つばの狭い帽子をかぶった。モダンガールに変身したパクさんと友人たちは近くの昌徳宮を訪れ、記念写真を撮影した。すれ違う外国人たちは、パクさんたちの衣装を見て「きれい」と言いながら写真を撮ったりした。パクさんは「昔のスタイルだけど、今着てみてもおかしくないくらい洗練されている」と語った。

     お出掛けファッションが近代化している。昨年まで、王宮や韓屋(韓国の伝統家屋)に行くときのお出掛けファッションと言えば韓服(韓国の伝統衣装)が人気だった。景福宮の入場料3000ウォン(約300円)が免除されるだけでなく、高級感があるというのが理由だ。最近、おしゃれに関心のある観光客らの間では、1900年代前半の洗練された開化期ファッションが人気を集めている。入場料が無料になるわけではないが、写真共有ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「インスタグラム」で「開化期」「開化期の衣装」などと検索すると、写真が数万件ヒットする。

  •  100年前のスタイルが流行しているのは、華やかな開化期の衣装が静かな王宮と対比され、異国的な調和をなしているからだ。開化期のファッションに身を包み、昌徳宮を訪れた大学生キム・ユンジさん(22)も「開化(花)期には花が咲くときという意味があると言うので、花見のついでに服を借りた。色や飾りが最近の服に比べ華やかで、韓屋の瓦や木の質感ともよく合う」と語った。

     益善洞のほか全州市の韓屋村、慶州市の皇理団通りなどでは、開化期の衣装をレンタルする専門店も次々と生じている。今年初めにオープンしたという全州の韓屋村近くにある衣装専門店「貴族衣装室」では、最近のように天気のいいときには週末になると客が150人余り来店するという。この店の代表を務めるキム・ジイェさんは「韓服もきれいだけれど、レースやベルベットのような素材でできた鮮やかな色感の開化期ファッションも、韓屋にとてもよく合う。全州には韓屋だけでなく、殿洞聖堂などのようなれんが造りの建物もあり、モダンガールやモダンボーイの雰囲気を出すのにちょうどいい」と語った。

     小物を含め、衣装1着を一日借りるのにかかる費用は4万5000ウォン(約4500円)ほどだ。レンタルではなく、開化期の衣装を購入する人もいる。オンラインショッピングモールではベルベットのレースワンピース、ダブルボタン・ワンピースなどが販売されている。1着の価格は3万ウォン(約3000円)ほど。帽子や手袋などの小物は別途購入しなければならない。
キム・スギョン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
ファッションの最新ニュース