仁川空港に新たな見どころ誕生! 広さ3万6000㎡の菜の花畑

  •  仁川国際空港公社は仁川空港内のハヌル(空の意)庭園に菜の花畑3万6000平方メートルを造成し、6月16日まで一般市民に無料で開放する。

     菜の花畑の利用時間は週末・休日を含め朝9時30分から夜18時まで(入場は17時30分まで)。

     仁川空港ハヌル庭園は、公社が仁川空港南東の遊休地(38万平方メートル)に造成した休息空間で、離着陸する飛行機の姿と自然景観を一緒に楽しめる、仁川空港の代表的な名所だ。公社は地域社会貢献のため、昨年からここに花畑を造成し、市民たちに無料で開放してきた。昨年春には菜の花畑を、秋にはコスモス畑をつくり、市民たちに開放し、訪問者が通算9万人ほどに達するなど、好評を得ている。

     公社は菜の花畑の開放期間中、利用者の便宜を図るため、案内係を配置するとともに、展望台1カ所、大型テント1カ所、野外テーブル10カ所、トイレ1カ所を設置し、運営する予定だ。また、ブランコ6カ所、飛び石1カ所を追加で設置し、以前にもまして多様な楽しみ方ができるようにした。

    ◆仁川空港ハヌル庭園への行き方

     ハヌル庭園の菜の花畑に行くには、空港鉄道空港貨物ターミナル駅で下車し、国際業務団地方面への無料シャトルバスに乗ってハヌル庭園臨時停留所で降りればよい。また、仁川空港の自転車道を利用すれば、自転車に乗って行くことができ、自家用車で行く場合は、菜の花畑の入り口に駐車場(およそ400台)がある。

ソ・ミヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース