童心に返ろう! 梨泰院に「トイ・ストーリー」体験空間オープン

  •  ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリアが幼いころの思い出にひたり、童心に返ることができる「トイ・ストーリー」体験空間をソウル・梨泰院エリアにオープンした。

     これはディズニー配給のアニメーション映画「トイ・ストーリー」シリーズがテーマの「トイ・ハウス」で、今年初めににお目見えした「くまのプーさん」の「はちみつハウス」の人気を受けて企画された。ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリアはファンたちがさまざまな方法で「トイ・ストーリー」のコンテンツを楽しむことができるよう、今年10月まで「トイ・ハウス」を運営する。

  •  「トイ・ハウス」は、前作からおよそ9年ぶりとなる映画『トイ・ストーリー4』の公開を記念し、幼いころから「トイ・ストーリー」シリーズを見て育った韓国のファンが思い出にひたりながらさまざまな体験ができるようになっている。特に、映画コンテンツの特性を生かし、クラフト、ニュートロ(ニュー+レトロ)、キャンプという三つのコンセプトで内装が施されており、来場者は一風変わった楽しさを味わえる。

     1階は「クラフト」がテーマになっている。紙やクレヨンを活用してデザインされた空間で、「トイ・ストーリー」に関するさまざまな人形やシール、文房具、衣類、雑貨など、さまざまなグッズを目にすることができる。
  •  2階は『トイ・ストーリー4』の新たな感性と幼いころの懐かしさを同時に感じることができる「ニュートロ」がコンセプトのカフェおよび休憩スペースとなっている。「トイ・ハウス」でしか味わえないドリンクやデザートがあり、人気を集めている。また、2階のカフェでは短編アニメ『トイ・ストーリー・トゥーン』3作が連日上映されている。毎週土曜日の夜にはおよそ20分の『トイ・ストーリーTVスペシャル』を特別に上映する。

     3階は屋外空間で「トイ・ストーリー」を代表するキャラクターのバズ・ライトイヤー、ウッディと一緒に写真を撮り、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にアップできるよう、「キャンプ」をコンセプトにさまざまなフォトゾーンが用意されている。

     「トイ・ハウス」は火曜-金曜正午から夜22時まで、土曜-日曜午前11時から夜22時まで営業中。詳しい情報はウォルト・ディズニー・カンパニー・コリアのSNSチャンネルでチェックすればよい。
キム・ギョンヒ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース