韓服姿で人力車体験! L7明洞が異色の体験型パッケージ販売

  •  ホテル「L7明洞」がシグネチャー・パッケージ「The Yellow Day」を売り出した。今年11月30日まで予約可能な「The Yellow Day」は、2泊以上連泊する宿泊客のための体験型パッケージだ。利用者に伝統韓服(韓国の伝統衣装)および人力車体験を提供、ニュートロ(ニュー+レトロ)トレンドを満喫したいミレニアム世代をターゲットにしている。

  •  二つのパッケージ・タイプのうち「Yellow Day1」は、韓服レンタル店「韓服男」で使用できる韓服体験チケットが含まれている。最近、流行に敏感な人たちの間で必須コースとして急浮上している韓服でのお出掛けを気軽に準備できるよう、顧客の好みに合わせた韓服はもちろん、笠や髪飾りなどの小物1種も3時間レンタル可能。1泊14万5000ウォン(約1万4500円)からで、スターバックスコーヒーのギフトカード1万ウォン(約1000円)分、「ANNA SUI(アナ・スイ)」のリップバームおよび鏡セットまで提供され、 コスパ満足度が高い。

     王宮では韓服を着て訪問した人の入場料を免除するケースが多く、観覧費用も節約することができるため、よりいっそうお得だ。夏の夜間開場がスタートした王宮の夜景は、風情があってすばらしい。

     「Yellow Day2」は「アティ+韓服」北村韓屋(韓国の伝統家屋)村コース利用チケットを準備。アティは「いい友人」を意味する韓国固有語で、人力車に乗って何気なく通り過ぎていたソウルの美しい景色を再発見する、「L7明洞」を代表するトラベル・コンシェルジュ・サービスだ。ガイドを兼ねた人力車のライダーが聞かせてくれる小さな路地の隠れた物語とともに、韓服姿で韓屋村をめぐる異色の体験によって、韓屋村を200%楽しむことができる。

     あわせて、チェックアウトを午後2時まで延長するレイトチェックアウト特典もあり、ホカンス(ホテル+バカンス)をゆったり締めくくることが可能。1泊辺り16万ウォン(約1万6000円)から利用でき、価格の面でも魅力的だ。価格はどれも別途税金がかかり、特典は宿泊期間中1回提供される。

ソ・ミヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース