神秘的な海岸道路、三陟で「草谷竜窟燭台岩道」開通

  •  江原道三陟市が、海岸道路を歩きながら草谷竜窟や燭台岩といった絶景を近くで鑑賞できる「草谷竜窟燭台岩道」を7月12日に開通。

     草谷海岸は竜が昇天したという伝説があり、小さな漁船が行き交う草谷洞窟や燭台岩など、さまざまな美しい岩があり、「海金剛」とも呼ばれる。

  •  三陟市では2014年から、優れた自然景観を誇る草谷海岸を活用した海岸緑色景観造成事業として、三陟市近徳面草谷里一帯に国費30億ウォン(約3億円)を含め、総事業費93億ウォン(約9億3000万円)を投じ、波堤擁壁92メートル、デッキ512メートル、吊り橋56メートル、広場4カ所、展望台3カ所などの施設を誇る総延長660メートルの海岸道路を整備してきた。

  •  草谷竜窟燭台岩道は開通日の12日から全面的に通行可能で、無料で試験運営され、夏季(3月-10月)には午前8時から午後6時まで、冬季(11月-2月)には午前9時から午後5時まで開放される。

ソ・ミヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース