夏と言えばホラー! 陜川の「ゴーストパーク」で恐怖体験

  •  7月26日から8月18日にかけて、慶尚南道陜川郡の映像テーマパークで韓国唯一、韓国最大規模のホラー・テーマ・フェスティバル「ゴーストパーク2019」が開催される。毎年人気を集めている「ゴーストパーク」は午後7時から12時まで、夜間のみ開場となり、休園日はない。

     2019年を迎え、熱い夜をともに楽しみながら白く燃え尽きようというサブテーマ「Bright Burn」に合わせ、毎日街頭公演やホラーパフォーマンスなど、一風変わったイベントが開催され、さまざまなグルメを楽しむことができ、休憩スペースも設けられている。

  •  「ゴーストパーク2019」のメインアトラクションとしては「監禁病棟」や「ゾンビ監獄」があり、サブアトラクションとしては「悪夢教室」や「ダークメイズ」など、既存のアトラクションがよりいっそうグレードアップしている。

     「ゴーストパーク2019」をより楽しむためには、ホラーコスチュームを着てくることをオススメする。道化師やゾンビ、幽霊、ドラキュラなど、仮装してきた人は当日券を対象に、入場料が50%割引されるというイベントがある。

  •  衣装を準備できなかった人たちは、韓国最高と言われるSBS特殊扮装チームや衣装チームが提供するゴースト衣装室やゴースト扮装室を有料で利用することができる。

    ソ・ミヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース