南山にゾンビ出現!? 夏にピッタリのホラー・ナイト・ツアー

  •  ソウルシティツアーバスが、蒸し暑い夏を吹き飛ばすような恐怖体験イベント「サマー・ホラー・ナイト・ツアー(Summer Horror Night Tour)」を実施する。

     「サマー・ホラー・ナイト・ツアー」はゾンビや処女鬼神(未婚女性や少女のお化け)などが登場し、都心で恐怖体験を楽しめるバス旅行で、昨年夏に初めてお目見えして人気を集め、今年はより恐ろしくぞっとするようなイベントへとグレードアップした。毎日夜8時に光化門シティツアー・ターミナルを出発し、漢江に沿って汝矣島、漢江大橋、セビッ島などの華やかな夜景を鑑賞した後、南山に登り、ひっそりとした森の道で恐怖体験をするというコースで、所要時間はおよそ90分。9月1日まで運行予定だ。

  •  特に、1時間ほど漢江の夜景を鑑賞してから南山に向かうバスは、おどろおどろしい音楽、うっすら青い照明などに変わり、恐ろしい雰囲気が漂う。国立劇場を過ぎ、南山のふもとに到着すると、車内にぶら下がっていた骸骨やコウモリ、魔女などのオブジェが不気味に笑うと同時に、白装束を身にまとったお化けやぞっとするような姿のゾンビが突然現れ、バスを襲撃し、乗客らをビックリさせる。

     恐怖体験の時間が終わると、南山の頂上に移動し、南山からソウルの夜景を楽しみながら写真を撮る時間も提供される。参加者全員に夏のプレゼントとしてうちわが贈呈される。利用料金は大人1万5000ウォン(約1500円)、子ども9000ウォン(約900円)で、詳細については電話で問い合わせたりホームページを参照すればよい。

     ソウルシティツアーバス(旧ハネムーン旅行社)は2000年に韓国で初めてシティツアーバスのサービスを導入した企業で、現在は都心故宮、ソウルパノラマ、アラウンド江南、夜景コースなど、ソウルの各エリアをめぐる4コースを運営している。また、12の言語で案内サービスを行っている。
    キム・ギョンヒ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース