韓国のコンビニで世界グルメ旅行を楽しもう!

  •  海外旅行が一般化し、番組やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて各国・地域の料理に接する機会が増え、海外の食べ物に対する人気が高まっている。

     これを受け、食飲料業界では海外の食べ物を気軽に味わえるよう、コストパフォーマンスがよいさまざまな商品を売り出している。

    ◆プルミル「より深く濃厚な黒糖ミルクティー」

  •  乳製品メーカのプルミルは「世界の特別なドリンク」シリーズ第4弾として、「より深く濃厚な黒糖ミルクティー」を売り出した。今回発売された「より深く濃厚な黒糖ミルクティー」は、ベトナムの「練乳ラテ」、イタリアの「ヘーゼルナッツチョコラテ」、ウイスキーが入っていることで話題になったアイルランドの「アイリッシュコーヒー」に続く、4番目の商品だ。

     「より深く濃厚な黒糖ミルクティー」は、プルミルが初めて手掛けた液状カップタイプの黒糖ミルクティー。また、黒糖ミルクティーの特徴を生かすため、その名前の通り、深みのある紅茶を使い、紅茶の香りミルクの風味を生かし、より深く濃厚な味が感じられるようにした。パッケージも黒糖ならではのこげ茶色のシロップが広がっていくようなデザインで、見た目にも楽しい。また、一般的なコーヒー専門店で販売している黒糖ドリンクに比べ3分の1ほどの価格2000ウォン(約200円)で購入することができ、よりつましく豊かな味と香りの黒糖ミルクティーを楽しめる。

    ◆イーマート24「ガンバス・アヒージョ」「グヤーシュ」

  •  イーマート24は「ガンバス・アヒージョ」と「グヤーシュ」を売り出した。ガンバスはエビ、アヒージョは小さなニンニクを意味するスペイン語で、ニンニクの香りたっぷりのオリーブ油で炒めたエビのうま味を楽しめる、スペインの代表的な家庭料理の一つ。また、「グヤーシュ」はハンガリーの代表的な料理で、トマトソースをベースにしたシチューだ。ハンガリーではこれに子牛の肉を使うが、イーマート24では味を生かしながらも顧客らにより低価格で負担なく楽しんでもらえるよう、豚肉を使っている。該当の欧州料理2品は3900ウォン(約390円)で楽しむことができ、ワインを片手に一人飲み、家飲みを楽しむ人たちにとって、コストパフォーマンスのよいつまみになるものと期待されている。

    ◆GS25「メキシカンタコス・ナチョス」

  •  GS25はメキシカンタコス・ナチョスを売り出し、好評を得ている。メキシカンタコスはトルティーヤで肉を包んで食べるメキシコの伝統料理で、トルティーヤのメイン食材である牛肉をたっぷり使い、ハラペーニョ、トウモロコシ、炒めたキムチ、タマネギを加え、モッツァレラチーズを入れる。メキシコ料理専門店の価格に比べだいぶ安く、タコスは3900ウォン、ナチョスは3500ウォン(約350円)。リコス社のナチョスにワカモレ、サルサソース、チェダーチーズ、サワークリームの4種が添えられており、ハラペーニョも含め五つの味を同時に楽しめる。

    ◆プルムウォン食品「諦めない麻辣湯麺」

  •  プルムウォン食品は韓国プロ野球ハンファ・イーグルスと協力し、「諦めない麻辣(韓国語で『諦めないで』と同じ発音)湯麺」を売り出した。この商品は、中国伝統の麻辣の味と風味を平均レベルで具現し、消費者たちが一般的に市販されている商品に比べ濃厚な麻辣の香りを感じられるほか、拒否感なく楽しめるようにした。また、ノンフライ麺の歯ごたえ、スープの辛さを生かしたこの商品は、オンライン限定販売で人気を集め、最近オフラインでも販売されるようになった。「諦めない麻辣湯麺」は8袋入り9900ウォン(約990円)で、一般的な麻辣湯の価格に比べ安く、調理も簡単だ。

    ソ・ミヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
グルメの最新ニュース