一人で秋夕を過ごす人にピッタリ! 手軽に楽しめる名節メニュー

  •  例年に比べて短い秋夕(中秋節、今年は9月13日)連休、一人暮らし世帯の増加により、一人で秋夕を過ごす人たちが増えている。一人で秋夕を過ごす人たちは連休に帰省する代わりにゆっくり休んだり、映画を鑑賞するなど、余暇活動を楽しむケースが多い。

     これを受け、最新の流行グルメを家で手軽に楽しめる商品から名節によく食べるメニューを一人でも味わうことができるレトルト食品など、連休期間に手軽に楽しめる商品がよい反応を得ている。

    ◆プルミル:より深く濃厚な黒糖ミルクティー

  •  連休中、現在人気を集めている最新流行グルメを家で手軽に楽しめる商品が注目を集めている。乳製品メーカーのプルミルは、最近人気を集めている台湾の黒糖ミルクティーを気軽に楽しめる「より深く濃厚な黒糖ミルクティー」を売り出した。

     黒糖ミルクティーは黒糖を煮込んでシロップをつくり、深みのある紅茶を冷たい牛乳に加えてつくったミルクティーに混ぜてつくるドリンクだ。今回の新商品は黒糖ミルクティー特有の濃厚な甘みをそのまま再現し、パッケージデザインにも濃厚な黒糖シロップが溶け出すような様子を描き、見た目にも楽しい。液状カップタイプでいつでもどこでも手軽に味わえる。

    ◆DROPTOP:穀物飲料

  •  コーヒーチェーン店「DROPTOP」は、最近人気を集めているミスカル(いろいろな穀物を粉にしたもの)ラテのヘルシーで香ばしい味を生かした穀物飲料3種を売り出した。「もち米ミスカル・ドロップチーノ」「若麦ミスカル・ラテ」「エンバク・ミスカル・ラテ」からなり、ヘルシーで香ばしい味を楽しめる。

    ◆CJ第一製糖:bibigo焼き魚

  •  焼き魚からカルビ、餅に至るまで、名節によく食べるメニューを一人でも楽しめる商品も目を引く。CJ第一製糖は電子レンジで1分温めるだけで食べられる「bibigo焼き魚」を売り出した。今回の新商品は「bibigo香ばしい焼きサバ」「bibigo肉厚焼きサワラ」「bibigoシコシコ焼きカレイ」の3種だ。焼きサバはノルウェー産のサバを使い香ばしさを引き出し、焼きサワラは肉厚で食感がいいのが特徴だ。焼きカレイは脂が少なく淡泊な味わい。

    ◆オットゥギ:おいしいカップ飯宮中カルビ煮込みご飯

  •  オットゥギは創業50周年を記念し、牛カルビ、栗、ジャガイモを秘伝のたれで煮込んだ「おいしいカップ飯宮中カルビ煮込みご飯」を販売している。牛カルビのほか栗、シイタケ、ジャガイモなどをオットゥギならではの秘伝のたれで味付けした限定版カップ飯だ。お祝いの日の代表的なメニュー、カルビ煮込みの味を専門店レベルで具現。大きくたっぷりの具が入っている。

    ◆ミニストップ:インジョルミ・ケーキ

  •  コンビニ大手ミニストップは、インジョルミ(きなこ餅)を使い香ばしさともちもち感を極大化した「インジョルミ・ケーキ」を売り出した。インジョルミ・ケーキは香ばしいきなこクリームと小豆クリームが幾重にも重なった冷たいデザートだ。さまざまなクリームやトッピングが重なり合い、食べたときに感じるさまざまな食感が特徴で、小豆クリームときなこクリームの甘さがきなこトッピングの香ばしい香りとマッチし、調和をなしている。

ソ・ミヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
グルメの最新ニュース