世界で最も住みやすい国1位はノルウェー、韓国23位、日本は?

  •  韓国が世界149カ国・地域のうち23番目に住みやすい国に選ばれた。

     デロイトアンジン会計法人によると、米国の非営利団体である社会発展調査機構が発表した「社会発展指数(SPI)2019」で韓国は総合スコア85.61点を獲得し、23位に入った。SPIは持続可能な発展のために国際連合(UN)が設定した17の目標に基づき各国・地域の状況を評価し、生活の質を調査する。

     韓国は栄養、基本的な医療支援、水・衛生、住居、個人の安全などを含む「人間の基本的欲求」部門では96.87点で7位に入った。一方、空気の質や水質を評価する「環境の質」部門では61.02点(92位)で、前年に比べ順位が40ランクもダウンした。

     今年最も住みやすい国に選ばれたのは、90.95点を得たノルウェーだった。ノルウェーは前年に続き2年連続で1位となった。以下、デンマーク、スイス、フィンランド、スウェーデンがトップ5にランクイン。そのほかにもアイスランド、ニュージーランド、ドイツ、カナダなどが上位に入った。

     一方、アジアでは日本が10位、韓国が23位、中国が89位だった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース