韓国の自殺死亡率上昇、一日26.6人

  •  ここ数年間にわたり低下傾向にあった自殺死亡率が次第に上昇し、2018年に韓国では一日平均26.6人が自ら命を絶っていたことが分かった。統計庁が公開した2018年の自殺現況を詳しく見てみよう。

     統計庁が発表した「2018年死亡原因統計」と題する資料によると、2018年に自殺した人の数は1万3670人で、前年に比べ1207人(9.7%)増加した。

     人口10万人当たりの死亡者数である自殺死亡率は26.6人で、前年に比べ2.3人(9.5%)増えた。特に3月(35.9%)、1月(22.2%)、7月(16.2%)に大幅に増加した。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース