マーベル・ヒーローたちがソウル都心を駆け抜けた!

  •  今年で3回目を迎えるマーベル・マニアたちのフェスティバル、「マーベル・ラン2019」が10月27日、ソウル市永登浦区内にある汝矣島公園で、およそ8000人のマーベル・ファンらによって繰り広げられた。

     会場にはこの日、寒い中多くの市民たちが集まり、汝矣島公園や市庁一帯で5キロ、10キロのマラソンをはじめゲーム、公演などを楽しんだ。参加したのは若い恋人たち、友人、家族、外国人などさまざまなだった。

  •  また、映画に登場するスパイダーマンをはじめ、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソー、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー、ハルクなど、実物大のヒーローたちが設置された。特にアイアンマン、スパイダーマン、サノスなどに扮したマーベル・ヒーローたちが登場し、ファンたちを楽しませた。

  •  「ヒーローとともに走るシティラン」というテーマで実施された今回のイベントで、参加者たちはコースのあちこちに設けられた「ラン・ウィズ・ヒーロー」「アイム・ヒーロー」などマーベル・ヒーローたちが飾られたフォトゾーンやマーベル・ヒーローのコスチュームに身を包んだDJによる音楽公演などを楽しみ、フェスティバルの雰囲気をよりいっそう盛り上げた。

  •  コース完走後、ゴールラインに設けられたフォトゾーンおよびKT・SC第一銀行・サムスン電子・レゴ・CGV・ネットマーベルなど、さまざまなブランドによるマーベルがコンセプトのスペースで、さまざまなゲームやイベントが行われた。

  •  祝賀公演では韓国を代表するヒップホップ・アーティストEpik Highをはじめ、Nucksal、Deepflowが参加者たちにアフターパーティーのステージを届けた。また、10キロコースの男女1ー3位、最も実感あふれるマーベル・ヒーローのコスチュームを披露した参加者にはマーベルのフィギュアおよびレゴが贈呈された。

キム・ギョンヒ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース