世界一高いショッピングストリートは香港・銅鑼湾、ソウル・明洞は9位、東京・銀座は?

  •  香港の銅鑼湾(コーズウェイベイ)が世界で最も賃料の高いショッピングストリートに選ばれた。

     グローバル不動産総合サービスのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドが今年、68カ国・地域の448エリアのメインストリートを調査した結果、銅鑼湾の賃料が最も高いことが分かった。

     1位になった銅鑼湾の今年の賃料は年平均1平方フィート当たり2745ドルに達した。しかし、最近香港では大規模なデモが続いており、このエリアに観光客はほとんど見られない状況だ。

     以下、米国ニューヨークのマンハッタン5番街が1平方フィート当たり2250ドルで2位に入り、英国ロンドンのニューボンドストリートが3位で後に続いた。フランス・パリのシャンゼリゼ通りが4位、イタリア・ミラノのモンテナポレオーネ通りが5位だった。

     そのほか東京・銀座、オーストラリア・シドニーのピット・ストリート・モール、スイス・チューリッヒのバーンホフシュトラッセの順で後に続いた。

     一方、ソウル・明洞は1平方フィート当たり862ドルで9位にランクインした。
キム・ギョンヒ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
気になるデータの最新ニュース