韓国人にとって印象深かった韓国映画&外国映画1位は?

  •  韓国人がこれまでに見た中で最も印象深かった韓国映画1位は『究極の職業』で、2019年1月に公開された後、観客動員数1626万人を記録し、興行成績歴代2位となった。そのほか2014年に公開され、観客動員数1000万人を超えた『バトル・オーシャン 海上決戦』と『国際市場で逢いましょう』が同率2位だった。では、韓国人が選ぶ最も印象的だった外国映画TOP10は何か、見てみよう。
クォン・ヨンス記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
韓国人に聞くの最新ニュース