希少価値高し! 金福酒、クリスマス限定焼酎を発売

  •  大邱市・慶尚北道の酒類メーカー、金福酒が年末年始を迎えるに当たり、クリスマス限定商品を発売する。金福酒ならではのニュートロ(ニュー+レトロ)的な感性を込め、さまざまな集まりがある年末に消費者たちが直接交流することができる機会を与えると同時に、一風変わったおもしろさを提供するためだ。

     発売される焼酎王「金福酒」クリスマス・エディションは、固有のキャラクターである福じいさんがサンタクロースの格好をしており、酒瓶と盃の代わりにキャンディーを持ち、クリスマスの雰囲気をぷんぷん漂わせている。また、福じいさんの「広い世の中を幸福に」というメッセージが表記されている。消費者に福を届けたいという金福酒の願いを込めている、というのが企業側の説明だ。
  •  焼酎王「金福酒」のクリスマス・エディションは、より希少価値を高めるため、6万本限定で生産される。企業側は「『福じいさん』の心温まるメッセージとともに、希少性を高めたことにより、所蔵価値が高まるものとみられる」とコメントした。発売予定日は12月11日で、飲食店などを通じ供給される予定だ。イ・ウォンチョル代表理事は「今回の金福酒クリスマス・エディションを手に、年末年始に互いに温かい福を伝え合い、最近流行しているニュートロ的な感性とともに思い出をつくってほしい」と語った。

     なお、焼酎王「金福酒」は発売とともに大邱市・慶尚北道はもちろん、ソウルなど他地域からも販売に関する問い合わせが殺到するなど人気を集めているという。年配の世代に広く知られている金福酒のキャラクターは心温かい近所のおじいさんのイメージで親しみがあり、昔を懐かしむ世代にアピールできるからだ。
大邱=パク・ウォンス記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
グルメの最新ニュース