漢拏山1100道路、バスで雪景色を楽しもう!

  •  済州特別自治道は漢拏山の冬の雪景色を満喫しようという道民や観光客の便宜を図るため、来年1月から2月にかけて、一般幹線バス「240番」の路線1100道路区間で「漢拏山雪景バス」を運行する。

     240番バスの正規路線に新年1月1日から土曜日など公休日に車両2台を追加で投入し、済州バスターミナルから霊室券売所まで往復運行する。

     今回の臨時バス運行により、240番バスは土曜日など公休日にこれまでの4台から2台増の6台運行され、運行本数が片道9本から15本に増加し、運行間隔は現行の1時間から30分に短縮される。

     運行区間は済州バスターミナルー漢拏病院ー済州高校ー漢拏樹木園ー道立美術館入り口ー御里牧入り口-1100高地休憩所ー霊室券売所だ。なお、240番バスのうち正規バスは現在、済州バスターミナルを出発し、1100道路から済州国際コンベンションセンター区間を、ターミナル出発基準で午前7時30分から午後3時20分まで、1時間間隔で片道9本運行中だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
トラベル の最新ニュース