「軍服を脱いだイケメン」パク・ボゴム、スーツからスタジャンまで…どんなスタイルも完璧な着こなし

  •  パク・ボゴムが6月27日午前、フランス・パリで開催された高級ブランド「CELINE」の2023年春夏メンズコレクションのゲストとして招待され、イベントに出席し、話題を呼んだ。6月24日にソウル金浦ビジネス航空センターからパリに向かったパク・ボゴムは同日、スタジアムジャンパー(スタジャン)にジーンズといういでたちで、大学生のような雰囲気を漂わせていた。特に、除隊後にも変わらぬビジュアルで視線を集めた。

    ◆V&パク・ボゴム、出国は完璧に、入国はナチュラルに…正反対のスタイル

  •  ドラマ『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』『雲が描いた月明り』『青春の記録』などの作品を通じて幅広い年齢層から愛され、スターとなったパク・ボゴムは公の場で、すっきりしていて紳士的なイメージのスーツをよく着ていた。特に、ソン・ヘギョと共演した作品『ボーイフレンド』の制作発表会のときには秋らしい雰囲気漂うブラウンのスーツを着て登場し、黒いプリントが目を引く白いシャツを合わせ、おしゃれなコーディネートを披露した。

  •  パク・ボゴムが授賞式で最もよく見せてきたファッションは、まさに蝶ネクタイを活用したタキシードだ。除隊後初の公の場となった百想芸術大賞授賞式で司会を務めたパク・ボゴムは、クラシカルなスーツに蝶ネクタイを合わせ、空白期間が感じられないほど完璧なビジュアルを誇っていた。また、2019年5月に開催された百想芸術大賞のレッドカーペットイベントに出席した際、パク・ボゴムは難解なプリントのタキシードジャケットも無理なく着こなし、注目を集めた。
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
セレブファッションの最新ニュース